スポーツ選手 語学

スポーツ選手も語学が必要な時代なんですよね。

野球のメジャーや海外サッカー・ゴルフにテニスなど、今は海外で活躍する選手は数多くいて、同じ日本人としては鼻が高いですよね。 野球選手に多いのは、選手に通訳の人がついているのをテレビで観ます。
海外生活が長くなると話せるようになってくるんでしょうけどね。スポーツ選手の場合、試合中の会話ももちろん英語になるわけです。でも、プレー中に通訳を横にいてもらうことはできないから、やっぱり英語は必須ですよね。

 

それから、サッカー選手は、もっと大変かも。アメリカではなくて、ドイツやスペイン・ロシアなどいろんな国を移籍していますよね。しかも、みんな違う言語です。 その度に言葉を覚えないといけないかもしれないんですけど、練習もあって試合もあって、その中で言語の勉強もしなくちゃいけないかもしれません。

 

だけど、時間的にも体力的にも限界がありますよね。 そんな中、高校生くらいの時から海外でプレーすることを夢見ていた選手がその頃から勉強をしっかりしていて、海外移籍をした選手がいますね。

 

テニスの錦織選手は14歳ですでにアメリカでテニスの修行に行き、今、英語はペラペラ。サッカーの元代表の中田選手もイタリア語や英語は堪能だそうですよ。 スポーツ選手も海外で活躍したいと思うのであれば、若いうちから英語で英語の勉強をしておいたら、困ることないよね。モチベーションが続かないという人は、旅行 英語で簡単な英会話の勉強をするというのもいいかもね。