CUREはオープニングのポップな音楽が特徴的な映画

サスペンスともホラーともつかない黒沢清監督のCUREという映画は、とんでもなく怖くてとんでもなく意味が分からなくてドキドキする作品です。

 

東京都内で同じ手口で殺人事件が多発し、犯人はそれぞれ捕まるものの、なぜそういった殺し方をしたのか皆記憶にないのです。

 

そこに一人の記憶喪失の男性が現れ、どうやら彼が元凶だということなのですが…という話です。

 

「俺の内側にあったものが、今全部外にある。だからお前の感情や気持ちが俺に流れ込んでくる」という意味のわかるようでわからない言葉や、主人公である警察官の押し殺した感情・嫁に対する気持ち「何で俺が病気の嫁の面倒を一生見なきゃならないんだ」にドキリとさせられました。

 

役所広司の演技が飛び切りうまく、主人公を見事に演じきっていました。

 

嫁がどの時点から頭がおかしかったのか分からないのですが、黒沢清監督はこういった「少し情緒不安定な嫁」を撮るのがとても上手です。

 

特に家族のシーンなど、主人公は嫁のそういう部分に触れないように会話行動をしたり、嫁も主人公のこういう部分に触れないようにする、というのが家庭のシーンとして上手に描かれています。

 

後半、主人公からみて嫁はどんどんおかしくなっていくものの、精神科医からは「治療が必要なのは旦那さんのほうです」とまで言われてしまいます。

 

伝道師である間宮も、自分の継ぎを託すことの出来る人間をみつけ満足します。

 

物語中盤で、ファミレスが出てきますが、ご飯を半分くらいしか食べなかった主人公が、最後のシーンでは全部食べることが出来ているのはやはり精神状態・自分の重荷がなくなった開放感からなのかな?と思うと物悲しくなります。

 

オープニングの殺人事件のシーンでかかっていたやたらとポップな音楽が緊張感を削ぎますが、全体を通してみると「このポップな音楽が一番あっているな」と思わせてしまうのが凄いです。

関連ページ

エステでお肌水分ケアする
皮膚から水分がどんどん蒸発されてしまう湿度ってご存知ですが?なんと60%らしいです。日本の首都、東京の冬の平均湿度は約50%です。
ケノンも気になるけど脱毛エステも気になってます。
私は「脱毛キャンペーン」で前々から興味があったので行ってみた。よく「2年間通いたい放題の永久脱毛」とかってありましたよね。
年末はどうしよう。
もうすぐ年越し。年末はいつも実家に行くのがいつものパターンだけど、そろそろ実家に戻るのも辛くなってきた。
医療脱毛のコツとは?
私は、医療脱毛の経験があります。なぜ、医療脱毛を選んだのかというと、医療脱毛では、肌の弱い方や、アレルギーのある方でも通いやすいということを聞いていたからです。
禿げている事を指摘されました
付き合って二か月目の彼氏を友人に紹介したのです。友人には彼氏がいません。だからずっと羨ましいと言われていたのです。
食欲と向き合う
私自身の経験談でもあるのですが、痩せたい、体重を落としたいって一念発起するときって、運動もしっかり、で食事もしっかりという風に思ってしまいますよね。
英会話教材を選ぶポイントとは…。
まず英語を学びたいと思う時ってどんな時でしょうか?仕事上必要になったとか時間ができて何か趣味を見つけたかったなどなどいろいろであろう。
色々な英会話レッスンについて
楽しいと思える英会話レッスンが希望ですが・・・そんなのあるでしょうか?私は、ほめられて伸びるタイプと言うか、やる気が出るタイプ。。スパルタは、だいぶ苦手(苦笑)。