英語必要性

もうすでにその時代が来ているのかもしれない。日常的に英語が必要な時代が。企業によっては、社内の公用語が英語になっている会社もあるようですね。
英語そのものでできる仕事もあるけれど、英語を使った仕事もありますよね。通訳とか翻訳、英会話講師などなど英語を使った仕事はたくさんありますよね。
昔、日本語教師について調べたことがあるんですけど、それだってある程度の英語ができた方が外国人相手の日本語講師としてはコミュニケーションをとるためにも必要でしょうね。

 

ただ、通訳とか翻訳って英語だけじゃダメなんですよ。英語と一緒に日本語もちゃんと学んでいないとダメなんですよね。映画の字幕とかあるじゃないですか。英語を日本語に訳すだけじゃなくて、字数も決まっているからその英語にあった日本語を字数に合わせて書かなくちゃいけないんです。
そう考えると、英語は日本語に比べると習得が容易な気がしてきませんか?

 

基本はやっぱり母国語ですね。それから第2か国語として英語も頑張らなくちゃいけませんよね。英語だけでも大変だけど、職業によっては日本語も勉強しておかないといけないんですね。

続きを読む≫ 2014/08/22 11:43:22

野球のメジャーや海外サッカー・ゴルフにテニスなど、今は海外で活躍する選手は数多くいて、同じ日本人としては鼻が高いですよね。 野球選手に多いのは、選手に通訳の人がついているのをテレビで観ます。
海外生活が長くなると話せるようになってくるんでしょうけどね。スポーツ選手の場合、試合中の会話ももちろん英語になるわけです。でも、プレー中に通訳を横にいてもらうことはできないから、やっぱり英語は必須ですよね。

 

それから、サッカー選手は、もっと大変かも。アメリカではなくて、ドイツやスペイン・ロシアなどいろんな国を移籍していますよね。しかも、みんな違う言語です。 その度に言葉を覚えないといけないかもしれないんですけど、練習もあって試合もあって、その中で言語の勉強もしなくちゃいけないかもしれません。

 

だけど、時間的にも体力的にも限界がありますよね。 そんな中、高校生くらいの時から海外でプレーすることを夢見ていた選手がその頃から勉強をしっかりしていて、海外移籍をした選手がいますね。

 

テニスの錦織選手は14歳ですでにアメリカでテニスの修行に行き、今、英語はペラペラ。サッカーの元代表の中田選手もイタリア語や英語は堪能だそうですよ。 スポーツ選手も海外で活躍したいと思うのであれば、若いうちから英語で英語の勉強をしておいたら、困ることないよね。モチベーションが続かないという人は、EVERYDAY ENGLISH PHRASESで簡単な日常会話の勉強をするというのもいいかもね。

続きを読む≫ 2014/08/18 11:41:18

付き合って二か月目の彼氏を友人に紹介したのです。友人には彼氏がいません。だからずっと羨ましいと言われていたのです。早く紹介してと言われていたのえす。それなのに会わせた途端、友人は無口になったのです。

 

何も話さないので聞いてみたのです。するとこう言いました。「若いのにあんなに禿げているから驚いたの」その言葉に私のほうが驚きました。人の彼氏を禿げているなんて、はっきりと言って失礼だと思うのです。確かに彼氏は禿げています。でもそんなはっきりと言わなくてもいいと思うのです。

 

確かに若いのに禿げています。それは事実です。でもそれを指摘するなんて、おかしいと思ったのです。禿げていても私の大好きな彼氏なのです。結婚の約束もしています。それなのに失礼だと思います。

 

だから私は彼氏に育毛をしてほしいと言いました。指摘されないように、これからは育毛をしてほしいと思ったのです。育毛剤チャップアップを使って、適度に運動をして育毛を心がけてほしいです。

続きを読む≫ 2014/08/17 13:06:17 blog

もう随分前のことになるのですが、私は当時非常にお金が無くて・・って今もそんなにありませんが。
で、身の回りにお金になるものはないか・・と考えたわけです。

 

そこで、目をつけたのが漫画・・。よし、これを売れば結構なお金になるだろう。
と意気揚々と初めての本売買をしてみたのですが・・

 

これが予想外に安値で・・。
ま、今考えてみると、お店さんの取り分もありますし、古本だからそれほど高値ではお客さんに売れませんで・・相場くらいだったのでしょうけど。

 

でも、当時そんなことは知らないので、で、お金にも困っていたから、そので、金額交渉っていうかそんなのをしてみた。
その話の中で、ホントかよ・・的なプロ目線話をしてくれまして・・。

 

その店主が言うには、古本ってのは、ページの上下の部分が綺麗に揃えられているとのこと・・。
今でも、覚えているのだが、私が新本として買った「がんばれ元気」の復刻版全巻・・これをその店主がこれは古本だからっていうのだ。

 

間違いなく、新品で買った本だったから、そういう風に言ったけれど、全然信用していない感じで・・。
そもそも、そのプロ目線のページの上下の部分が綺麗に揃えられていれば古本だっていうのが本当かどうか怪しい・・。
とはいえ、本の世界にもIT系のような専門的な側面があったのだなぁと妙に感心したりもしつつ・・・

 

今では、何とか漫画まとめ買いをたまにするくらい生活も盛り返している感じではありますけど・・。いい思い出といえばよいのかな。

続きを読む≫ 2014/07/01 22:46:01

皮膚から水分がどんどん蒸発されてしまう湿度ってご存知ですが?なんと60%らしいです。日本の首都、東京の冬の平均湿度は約50%です。
何もしなかったら冬はほとんど、お肌から水分が蒸発している状態ということですね。どおりで、皮膚がカサカサと乾燥するわけです。

 

暖房をかけたりするとさらに湿度はへっていきます。保湿、保湿といってうるおい成分たっぷりのスキンケアに励んだり、エステキャンペーンにいって保湿ケアする前に、これは湿度60%以上を目指して、自分の周りの空間を加湿することが乾燥対策の第一歩ではないでしょうか。

 

私の場合は、近場でエステを探すと言えば、名古屋ということになるのですけど、それだと、行くにも少し遠いので疲れちゃいますし、何より普段のケアをしっかりしないとエステの効果も半減しちゃうでしょうしね。

 

やはり、乾燥対策でたよりになるのは加湿器ですよね。とりあえず部屋にいる時は、加湿器さえ使っておけば大丈夫、という安心感があります。

 

加湿器がない場合は、コップなどに水を張って置いておいたり、濡らしたタオルを近くに置いておいたりするだけでも効果があります。外出時は、なるべく肌を露出する面積を少なくして、外気から肌を守る事が効果的です。

続きを読む≫ 2014/06/21 14:07:21 blog

私は「脱毛キャンペーン」で前々から興味があったので行ってみた。よく「2年間通いたい放題の永久脱毛」とかってありましたよね。そんで激安。2年で果たして本当に完全に脱毛が完了するのだろうか??

 

と思っていた私。話を聞くに、ある程度は生えなくなるって程度みたいですね。でもだいぶ楽にはなるって友達が言っていた。そこで私は、「2年」で終わりにならない「完全永久脱毛」なるものを発見。これだ!!と思って早速電話。

 

良さそうだがやはり金額は2年のよりもだいぶ高い。う〜ん悩む。脱毛エステってピンキリなんだなと実感しました。怖いエステにも行きたくないしね。今はどうかわからないけど「契約するまで帰してくれない」とか聞きますし。そんなのが本当ならば怖くていけないですよね。とりあえず話を聞きに行くだけと思っていきました。ああいうところはほんとその気にさせますよね。自分も若かったので、これならやりたいと契約しちゃいました。

 

その後通うことにしたら、通うごとにエスティシャンさんに「〇〇って商品が新発売したんです」とか「これすっごくいいよ。私も使ってます」など勧誘はすごかった。

 

私も営業経験あるので、どういうタイミングで商品進めるとかいろいろ知っているので話を聞くのは結構楽しかった。今度は自分がこのタイミングでお客さんに話そうとかある意味勉強できる。でももちろん他のは全て断り続けましたけどね。目的はただ一つ「脱毛」ってだけだったんで。

 

こういった勧誘が苦手な人は家庭用脱毛器ケノンの方が気楽だからいいかもね。

続きを読む≫ 2014/06/20 00:23:20 blog

もうすぐ年越し。年末はいつも実家に行くのがいつものパターンだけど、そろそろ実家に戻るのも辛くなってきた。親戚のおばちゃんとかとも会うことは免れない。。。

 

こうなってくると辛いのが、まだ結婚してないこと。結婚していない事がダメなだと言ってくるわけじゃ無いケド、何となく聞かれたりすると気まずい。相手も居ないし歳も適齢期は越してるんだと思う。友達も結婚してるし、置いてきぼり気分はする。この歳になるとどうして良いかもよく分からなくって、今更だけど考えを改め理想は捨てて結婚するべきなのか、でも特にこの人って思う人も居るわけでもない。

 

理想を追いかけた?って感じで(理想を追いかけたわけじゃ無いケドこの年まで結婚してないとそう思われがち)生きて来たんだから『この人!』って思える人と結婚したいとは思う。でも置いてきぼり感と周りからの視線は意外と辛い。
って事で実家に行くのが痛い。この際、相手探しも兼ねて年越しの婚活にでも参加して正月に帰れない理由にするのはどうだろうか?何となく皆納得出来る良い理由かも知れない。

続きを読む≫ 2013/12/15 14:10:15 blog